男の魔力は30万円以上の腕時計に宿る

男の魔力は30万円以上の腕時計に宿る

 

どうもこんにちわ、INAZOOです。

 

「男のステータス」、

「働く男のマストアイテム」・・・

 

このフレーズを聞いて想起するものってなんですか?

 

時計っ!時計でしょう!!!

 

その中でも、よりビジネスマンの株を爆上げしてくれるのが、高級腕時計と言っても過言ではありません。

 

高級腕時計のボーダーラインは?

高級腕時計のボーダーラインは

 

一般的なサラリーマンの基準でいうと、だいたい30万円を超える腕時計を付け始めると、ようやく一人前といったイメージが持てます。というより、恥ずかしくないといった印象でしょうか。

 

そのため、そろそろ仕事にも慣れてきたし、あるいは業績も上がってきたし、一丁ワンアップしたろうか!と思ってる方であれば、まずは、30万円以上の値段を目安に腕時計を選ぶようにしましょう。また、まだまだ普段の仕事や自分に自信が持てないけど、何か自分を鼓舞したい、自信を持ちたいっという方も、このレベルの時計を身に着けると、景色が変わります(気持ち的に)。

 

このくらいの価格であれば、商談の場やコンパなどでも恥ずかしい思いはしません。むしろ、自信を持って腕を机上で組んだり、意中の女性の肩に手を置くことができます!!いわば、日常の羽です、高級腕時計は。

 

その他、30万円以上の腕時計のメリットは次のようなものがあります。

 

<30万円以上の腕時計の魔法>

長い期間使える

自分の子供に授けることもできる

仕事やプライベートで自信がつく

仕事の場で、話題を作れる

 

また、値段が裏付けてくれるのは、機能や持ちの良さも然ることながら、やはりの何と言ってもステータスです。誰もが知っているようなブランド、実は高級な腕時計、こだわりの逸品・・・

 

いずれにせよ、一般的な小売店で売っているような安価な時計では放てない、男のステータスがそこにあります。

 

いわば、共通言語としてのオーバー30万の腕時計ってやつですね。

 

それでは今回は、30万円以上の腕時計の魔力と、高級腕時計=ステータスという価値観の変遷、最終的にはどんなものが一番かっこいいのか、という点にまで深堀していきたいと思います。

 

腕時計選びで悩める、若手ビジネスマンの方はご一読ください。

 


 


スポンサーリンク

 

オーバー30万円腕時計の魔力

 

実際に30万円以上する腕時計が、身に着けるだけでどれだけ男の株を上げてくれるのかを解説していきます。

 

まず、30万円というボーダー価格ですが、これはあくまで相場ですが、皆さんの知っている高級時計会社って何でしょうか?

 

 

ロレックス

オメガ

ブライトリング

タグ・ホイヤー

 

はい、この辺の腕時計はだいたい30万円以上が基本です。

 

ブライトリングやタグ・ホイヤーだと、30万円以下のモデルもありますが、フェイスが小ぶりなものだったりして、やっぱりパッと見て「かっこいい・・・」と思えるものは、30万円以上するのが現実です。

 

尚、今回は詳細な腕時計の機能や耐久性などの評価ではなく、単に、ステータスとしての腕時計選びに重点を置いています。

 

つまり、着けていることで翼を授けてくれる、レッドブル的な腕時計です。

 

 

ちなみに、いなだが付けていた腕時計はコチラです ↓

 

 

 

こちらは、TAG HEUER(タグ・ホイヤー)のグランド カレラ クロノグラフ キャリバー17RSというモデルの腕時計です。

 

現在の値段は50万円程で流通しているみたいですが、もう正規店では売っていないようですね。公式サイトのラインナップでも掲載されていないので、今となっては結構貴重なモデルです。当時、銀座の直営店で購入した際には、68万円だった気がします。

 

これを購入したのが、僕が25歳くらいの時だったと思いますが、初めて50万以上のものを購入して、震えるほど嬉しかったのを覚えています。

 

それと同時に、

 

 

「マジで頑張らねーと!!」

「この時計の似合う男になる!」

 

 

ってな具合に程よい緊張感やプレッシャーを感じつつも、ものすごく自分を鼓舞することができたのも確かでした。

 

実際に当時の僕は社畜真っ最中でしたが、仕事がハードで厳しい時や、営業がうまくいかないときなんかは、トイレで腕を眺めては自分を奮い立たせていたものです・・・。

 

社畜時代
根拠もなく仕事ができる気にもなったな・・・

 

恐らく、この感情・身震いこそが、オーバー30万円時計の魔力です。

 

 

翼生えてるように見えるべ?

 

 

当然、有名メーカーの高級腕時計ともなれば、精工な作りをしており、何年も使い続けることができるものですので(要オーバーホール)、値段相応の耐久物としての価値があります。

 

しかし、そういったマテリアルな部分に求める要素は、人それぞれのですので、一概に魔力とは言い切れません。

 

というのも、安価なものだとしても、時間さえ分かれば良い、とか、G SHOCKのように強靭な方が良い、などの求める要素は千差万別だからです。

 

値段を問わず、突出して他のメーカーにはない優れた機能や特徴があるケースも多分にありますので、長持ちするとか、値段が高いから絶対的に価値があるという訳でもないんですよね。

 

そのため、オーバー30万円腕時計がもたらす価値と言えば、何といっても、この時計を腕にはめた時のプレッシャーや自信。

 

これが30万円以上の価値に値するものです。

 

 

見てください、この自信に満ちたいなだを!

 

 

 

 

 

腕時計の魔力があれば、いつもよりも幾分か目もパッチリします。

 

 

 

 

 

 

腕時計の魔力があれば、こんなトンボみたいなサングラスだって躊躇なくできます。

 

 

 

 

 

 

腕時計の魔力があれば、金閣寺で足組んで、こんなにさわやかそうな表情ではにかむこともできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕時計の魔力があれば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

スクールオブ俺
ちょっww

最後のおかしいやろ!

 

おすすめの30万円以上の時計は?

 

いなだはタグ・ホイヤーのグランドカレラに惚れ込み、というより一目惚れしてそれ以外見えなくなってしまいましたが、このレンジの腕時計は他にもおすすめの逸品がたくさんあります。

 

ビジネスシーンで着けていて遜色のない、というより「なんか、かっこいい」というイメージを持たれるデザインという視点で、軽く紹介しますね。

 

ポイントは、「なんか、かっこいい」です。

 

グランドセイコー SBGR315


いなだが次に買うとしたら、グランドセイコーと決めています。というのも、30歳も過ぎてくると、以前着けていたグランドカレラのような大き目なフェイスのものでも良いのですが、グランドセイコーのような品のある、主張の強すぎない控え目なところがかっこいいと感じる今日この頃です。

 

そもそも発想が逆張り思考な私ですが、敢えて主張は強すぎず、しかし物は一級品、しかーもメイドインジャパン!というこだわりが更にデキる男を演出しますね。

 

オメガ シーマスター プラネットオーシャン 600M

防水時計の代名詞、オメガのシーマスターです。私はスピマス(スピードマスター)を着けている人より、シーマスターを着けている人の方が品があると思ってます。いや、完全に主観で。

 

いわずもがなオメガ・ブランドに説明不要ですが、男らしさとエレガンスさを兼ね備えるシーマスター 600 プラネットオーシャンは相当かっこいいです。シンプルにときめく、スマートかつワイルドなフェイス。

 

この竜頭が少しシンメトリーのようになっているところが、このモデルの乙なところです。クロノグラフのスポーティーさもありつつもオメガならではの気品が漂うものごっつかっこいい一品です。

 

IWC(アイダブリューシー) ポルトギーゼ クロノグラフ

これは以前パイセンが着けていてかっこよすぎたのを覚えています。

 

そのパイセンはまさかの居酒屋に置き忘れて喪失したようです。これ居酒屋で見つけた人はたまげたでしょうね;

 

時計が好きでない人でもこの洗練されたデザインと控え目な気品に言葉を失うはずです。いわずもがな、時計ブランドの雄・IWCの代表作です。

 

写真だとシンプルそうに見えますが、案外フェイスは大きく、腕に付けるとかなりの存在感があります。そんな大きさと相反して溢れる気品、この絶妙なアンバランスがこの時計の素晴らしいところです。

 

タグ・ホイヤー TAG HEUER カレラ キャリバー16 デイデイト

いなだお馴染みのタグ・ホイヤーから一品紹介です。何といても、かっこいいのはカレラかなと思ってます。その中でもキャリバー16は若々しさ漲り、タグ・ホイヤーのスポーティー要素と品の良さを併せ持った絶妙なモデルです。

 

何かスポーツができて、それでいてガツガツしていない、少し控え目な人ってかっこいいじゃないですか?いや、モテますよ、そんな奴は。こちらはそんな時計です。

 

それこそそこそこ稼いでいる20代前半から中盤くらいのビジネスマンであれば、着けていて恥ずかしくない、かっちょいい時計です。

 

高級腕時計を買う時の小テク

Advertisement

ちなみに僕がグランドカレラを買った時は、クレジットカードで約30万くらいを決済し、残りの30万くらいをローンを組みました。これはタグ・ホイヤーだけに限った話ではありませんが、高級時計屋などでは無利子のローンなんかも組めるところがあります。

 

僕は正にこの無利子のローンを組みました。ローンって・・・借金やろ。みたいなことを考えてしまうほど世間知らずな僕でしたが、無利子であれば、何の損も余計に払うこともなく、ただシンプルに分割で、自分の財布に無理なく支払うことができるので、迷うことはありませんでした。

 

というのも、後付けっぽい話ですが、この分割方式を取ったことで、その後の支払い完了までの自分への仕事や日常生活への鼓舞にも繋がります。要するに毎月、月額の重みとともに、頑張らねば!!と思えるわけですから、これは前向きにローン組んでよかったとも思います。

 

 

社畜時代
まぁシンプルに・・・

一括で買う財力が無かっただけの話なwww

 

 

ということで、30万円以上の腕時計を初めて買う場合は、銀座の直営ショップに札束握りしめて来店しても良いのですが、なるべく負担のないようにクレジットカードとローンなどを組み合わせて買った方がおすすめですね。かっこつけてもしょうがないので、後々楽な方で買った方が良いです。この一本を皮切りに、もっと稼いで稼いで稼ぎまくって2本目以降を一括で買えばいいわけです。

 

ちなみに、年会費無料でサクっとクレジットカードを作るのであれば、楽天カードがマジでおすすめです。↓

 

スポンサーリンク

 

最近の男のステータス動向

 

とはいえ、男のステータスを巡る市場は、僕がタグ・ホイヤーを購入した時(2014~2015年くらい)とは大きく変化しました。

 

というのも、このTHE 男のステータスともいえる、高級腕時計、さらに具体的に言うと、高級自動巻き腕時計のポジションを脅かす存在が現れてしまいました。

 

それが、「スマートウォッチ」です。

 

ご存知の通り、スマホと連携して、様々なアプリケーションを腕時計に搭載することができるものです。

 

具体的には、時を刻むという本来の機能以外に、音楽を聴く、心拍数を計測する、メッセージを受信する、電話する等々、

 

この一つで様々なことができるようしたのが、まさしくスマートウォッチです。

 

ではなぜ、スマートウォッチが従来の高級自動巻き腕時計の地位を脅かすかというと・・・

 

その利便性が魔力を上回っていることが大きな要因と言えます。

 

スマートウォッチに備わる多機能という最大の特徴は、それ自体がシャープで洗練された印象を放ち、それこそ“スマート”というイメージが一般化し、優秀なビジネスマンの象徴になってしまったのです。

 

もはや成金のような高級腕時計よりもかっこいいアイコンなのがスマートウォッチであり、自分らしさを表現する恰好のアイテムにまで昇格しています。

 

また、機能面以外におけるスマートウォッチの地位を押し上げている背景は、数々のIT社長やベンチャー起業家などの影響です。

 

彼らは正に、旧来のかっこ悪くて印象の悪い会社社長や役員といった社会的ヒールとは対照的で、“自由な象徴”であったり、新時代のリーダー達というイメージを抱かれています。世の常ですが、既得権益側よりも、新しい経済圏を作るような新潮流に人々は熱狂します。特に僕らのようなミレニアル世代は正にそのど真ん中です。

 

そんな新時代のアベンジャーズ達がこぞって腕に身に着けているのが、このスマートウォッチなのです。

 

デザインなどの観点からみても、フェイス(時計の画面)が固定の高級腕時計と異なり、気分やファッションに併せて自在に変えることができ、圧倒的に利便性が高い上におしゃれで柔軟なものです。

 

このように、ステータスであることは変わらずとも、それ以上に時代のアイコン、機能性や無駄を省いた合理的な象徴としてのスマートウォッチに、高級腕時計はこれまでの地位を奪われてきているのが現状です。

 

いなだ、時計を手放す。

ちなみに俺はカエルが嫌い

 

そういった利便性革命という、腕時計を取り巻く市場が大きく変わったことを受けて、僕もサクっとあれほどまでに自信を授けてもらっていたタグ・ホイヤーを売却しました。

 

 

 

え? 全然後悔してないですよ?・・・・

 

 

 

スクールオブ俺
嘘だろww

だいたい後悔してなきゃ・・・

こんな記事書かねーだろがっ!!

 

 

はい、結構後悔してます!!ww

 

 

というのも、思い出深い買い物という意味で、本当に気に入ってたので、そういった意味での名残惜しさもありましたね。。

 

但し、この手の腕時計は、オーバーホールという定期的なメンテナンスが必要になっており、1回につき5万円くらいかかります。

 

まぁ実際のところは、この手間のかかる感じであったり、定期的に手入れをしてやることでさらに愛着が湧く、なんてことがあるのですが、そこはいなだ・・・。

 

3年に1回くらいは、メンテナンスに5万円がかかるという現実に、沖縄に移住して子供も生まれた僕には耐えられませんでした・・・ww

 

ちなみに即金欲しさに質屋に持っていったら、なんと「15万円」の価値しかなかったです!!・・・

 

そういう意味でも、スマートウォッチはオーバーホールなんて必要ありませんし、ライフスタイルに合わせて形態をマイナーチェンジができる点でも優れているかもしれませんね。

 

但し、アップルウォッチなどの最もメジャーなスマートウォッチは、その調達のし易さや利便性から、たくさんの人の手に渡っています。

 

 

ここで何が問題かというと、

 

 

男のステータスとしてのスマートウォッチは、もはやコモディティ化がし過ぎていて、

 

いわゆる、「被りまくり」が起きています・・・。

 

ベルトを変えようともアップルウオッチはアップルウォッチですので、被ります。

 

何なら、僕の義父も持ってます!!!!!www

 

そうです、ビジネスマンの株を上げる至高の腕時計は、値段故に被りも少なく、オリジナリティがあることもとても重要なのです。この時計を見ると○○さんが思い浮かぶ、○○さんといえば、この時計、といったブランディングに寄与するのも、高級腕時計なのです。

 

勿論、ロレックスのサブマリーナを持っている人は山ほどいますので、先述した「被り」は多少なりとも生じますが、「サブマリーナを着けられるだけの財力がある」という印籠的な要素がそんなネガティブな面をかき消します。

 

この印籠的要素が、ステータスです。

 

フェイスのデザイン変更はできても、ボディが変わらないスマートウォッチは、どうしても被り問題が生じがちですよね、しかも印籠要素のない被り。

 

では、どうしたらステータスを取り戻せるでしょうか?

 

アンティークという差別化

 

以上のように、従来の男のステータスである30万円以上の腕時計、最新のスマートウォッチなど、様々なアイテムが時代に合わせてビジネスマンの相棒としてのポジション争いを繰り広げてきました。

 

さらに、スマートウォッチ特有の被り問題についても触れた通り、本当におしゃれで、自分に自信をもたらしてくれるような魔力を持った腕時計というのは、もはや値段や利便性ではないのかな、とも思えてきました。

 

高級腕時計にせよ、スマートウォッチにせよ、自分らしく使えているか、決して背伸びでもなく、ずっと愛することができるのか、自分の求めている要素を満たしているのか。

 

こういった観点・こだわりをしっかり持って、自分なりの根拠や理由を持って時計を選択していることが、腕時計の魔力発生条件になっているのではないでしょうか?

 

この観点で見てみて、一度王道の高級腕時計を手放した人間として、改めてお勧めするのが、「アンティーク」です。

 

アンティークという選択

 

ここは番外篇になりますが、30万円以上の高級腕時計でもスマートウォッチでもない、自分だけの1本、値段も然ることながら、長持ちして時間を経過すればするほどにその刻んだきた時の重さをまとった、アンティーク。こだわりの一本という印象を欲しいままにして、まさに至高のステータスといえます。

 

時計を買いたいと思い始めると、様々なサイトや商談相手の手元、世の中に溢れる時計という名のものがやたら気になったりするものです。そうなると、先述したような高級腕時計メーカーのメジャーなラインナップは見飽きてくるものです。

 

「あ、こいつもサブマリーナか」

 

「カレラ持ってる奴多いな」

 

「出た、スピマス・・・」

 

そうなると俄然注目されるのが、アンティークです。当然のことながら、アンティークになるようなものですので、列記とした名だたる時計ブランドであることは間違いありませんし、その通好みのチョイスも生唾ものです。そして、滅多に被りません。何なら被ったら運命的な人だと思って仲良くなっちゃってください。

 

スクールオブ俺
アンティークって、

要は中古だべ?

 

いえいえ、こちらをご覧ください。

 

 

これ、IWCですよ?

 

正直、美しくないですか?

社畜時代
か、かかっこいい。。

 

 

アンティーク時計だと、メーカーとモデル次第ですが、値段にしても、だいたい30~80万円程度でも購入できます。このレンジの時計であれば十分の品質ですし、何より恥ずかしくないことは言うまでもないのですが、「実は○○」的な通なチョイスを演出できます。

 


メンズアンティーク時計専門店

 

注意!!
この高級腕時計はダサい。

せっかく30万円以上もする腕時計を買ったのであれば、失敗は絶対回避したいものですよね。そこで、高級腕時計なのにダサい、というのはどういうことか、この点を最後に紹介しておきます。

Advertisement

こちらの動画をご覧ください・・・

 

 

はい、僕の大好きなマックスむらいチャンネルですが・・・これだけは言わせてくれ。

 

「むらいさん、あんたの選択はダサい。」

 

 

というのも、高級腕時計業界で、「ファッションブランドの時計は論外」。というのが常識です。

 

つまり、せっかく高いお金を出して買った時計が、実は結構ダサい選択、要は時計好き的には、ミスチョイスをしていることになります。

 

大きな要因としては、作り自体が時計専門メーカーじゃないので、先の名だたる時計専業メーカーのものと比較すると、美しくも機能的でも長持ちもするわけではないのです。

 

要は、イチローだのダルビッシュをサッカーチームが欲しがりますか?そのくらいミスマッチな話なのです。

 

そのため、グッチだのルイヴィトンといったファッションブランドから発売されている腕時計は、それこそブランド料としてそこそこの値段はしますが、それに見合った時計としての価値はないのです。

 

そして何より、安易にファッションブランドを選んでしまう選択が、ダサい!

 

ダサいということは、さんざん言ってきた魔力は消えてしまいます。30万円以上も使うのだから、魔力がなければ意味がありません。

 

気を付けてください。。

 

 

 

さぁ、あなたにとっての魔力はなんでしょうか?

 

あなたにとっての魔力が見えてくれば、腕時計選びも1UPし、なんとなく高級腕時計、なんとなくスマートウォッチ、といった選び方ではなく、もっと自信に満ち溢れた、翼の授かるような時計と巡り会えるのではないでしょうか。

 

こだわりのある、一本筋の通った、粋でクールな佐藤浩市のようなビジネスマンになりたいですね。

 

それでは、また。

Advertisement