年金って老後だけじゃないよ。

スポンサーリンク

 

どうもこんにちわ、結局、まじめなブロガーのINAZOOです~。

 

皆さん、「年金」って聞いて何をイメージしますか?

 

老後のためのもの、あるいは、意図せず国から徴収される厄介なもの、滞納してもいいもの??

 

会社員の人や自営業、無職の人などなど、それぞれの人にとって国民年金ってどのように見えているでしょうか。

 

スクールオブ俺
年金!?なにそれ、おじいちゃん?

 

いなだナウ
お前には少し早かったか、学生時代の俺。

 

 

社畜時代
源泉徴収!!控除、控除!!

 

いなだナウ
だな、会社員的にはそのイメージだ。

 

 

バブリー
じーさんになってからのことなんて気にしないっ!今でしょ★

 

いなだナウ
うっせー!今日はお前みたいな奴向けの話だ!!

 

 

そもそも年金って?

そもそも年金って、社会保険制度のことですので、

 

様々なリスクや老後に向けて国民皆で保険料を支払う義務を負って、給付を受ける権利をそれぞれで得るといった仕組みです。(ざっくりですが。)

 

ちなみに、僕らが会社員として働いている場合、あるいは、フリーランスや無職といった会社員ではない場合も含めて、会社や国から取られる年金は大きく2つに分けられます。

 

 

  • 国民年金 → 20歳以上60歳未満の方は全員被保険者です。
  • 厚生年金 → 一般的に会社員が被保険者です。

 

 

社畜時代
え?国民年金って無職とか自営業だけじゃないの?俺、毎月厚生年金控除されてっぞ!!

 

 

いなだナウ
そう、現在の年金制度って2階建て制が採られてるんだわ、次を見ろ社畜野郎!

 

 

一般的に認識されていない部分ですが、日本の年金制度は2階建て制となっています。具体的には、20歳以上60歳未満の人全員が国民年金の被保険者となっていて、会社員等である人はさらにその上に厚生年金の被保険者としての期間が乗っかっているイメージとなっています。

 

この図、見てみて下さい。

 

 

 

2階建てどころじゃないなこりゃ。

【引用元】厚生労働省 「いっしょに検証! 公的年金~財政検証結果から読み解く年金の将来~」

 

 

1号だの2号だの仮面ライダーじゃねーかっって思っても深く考えなくても大丈夫です。

 

 

先にも述べましたが、国民年金は20歳以上60歳未満の人なら全員が加入しているので、それぞれの立場によって種別が分かれているだけのことです。

 

 

上の図を見ていただければ分かる通り、国民年金はあらゆる立場の人が加入していて、その中で会社員や公務員の人だけが、2階部分である厚生年金にも加入している、この状況を2階建て制と呼んでいます。

 

 

今回は、第1号被保険者と書いてある一番左の部分についてお話ししていきます。

 

 

というのも、厚生年金は社畜であれば黙っていても所得から控除され、納付することになりますし、第3号被保険者と書いてある場所は、会社員の妻(配偶者)の話なので、スルーします。年金の保険料納付でダメージをくらうのは、紛れもなく、1号被保険者である非会社員の人たちでしょう。

 

 

会社辞めてプラプラしてても、ニートだろうが、早期リタイアしようが、僕みたいなクズでも、どんな人間にも漏れなく降りかかってくるのが「国民年金」

 

 

今日はこれって払う必要あんの?って思ってる方は必見です。

 

 

バブリー
どうせ、俺らが65歳くらいになった時には年金なんて破綻してんよ~

 

 

いなだナウ
そうかもな、ただ、年金って老齢だけじゃないぞ?

 

 

スクールオブ俺
そもそも年を取るイメージが湧かねぇ~

 

 

いなだナウ
おまえ、今回の記事ではすっこんでろっ!!!

 

 

国民年金とは

 

 

まずは、国民年金法の目的条文から。

 

 

第一条 国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。

 

 

いきなり気づきましたか?はい、国民年金って、実は老齢(=老後の生活のため)だけが目的じゃないんですよね。

 

 

だから、万が一障害を負ってしまった場合や、自分が死んだ際に、自分や遺族に給付(お金がもらえる)がおりるという側面があります。

 

 

バブリー
自分のことだけ考えて生きていきたいわっ★

 

 

いなだナウ
そのうち、嫁と出会って考え方変わるぞ?ww っつうかお前、自分のこともままならないクズだろ?

 

 

民間の生命保険とか障害に備えた医療保険ってありますけど、本当最低限度ですけど国民年金からも保障があるんですよね。私的な年金と組み合わせれば結構手厚い保障を身にまとうことができます。

 

 

これを知ると、ちょっと見方が変わってきませんか?

 

 

もらえるかどうか分からない年金のために保険料を払う、とか、見ず知らずの高齢者の生活費を払うために保険料を負担するとか、ネガティブな印象って過分にあると思うんですけど、もしものことがあった場合に、老齢じゃなくも給付がある!!これが今回気づいてほしいポイントです。

 

 

しかも、仮に自分が30代とか40代くらいの若年層の時に障害や死亡になったときに降りる給付は、そのほかの現役世代の人の保険料って考えると、あながち払わなくてもいいだろっ!!っとも言い切れませんよね。まぁ例外は勿論いますが・・・

 

 

バブリー
人はみな、自分勝手な生き物だろ?

 

 

20番
留置所で待ってるぞ。

 

 

バブリー
・・・っ!!

 

 

いくらもらえるの?

 

779,300円!!!(H30年度4月分から)

年額・・・・( ;∀;)

 

バブリー
す、すっくねぇーっ汗。俺の時計と同じくらいだわ。

 

 

いなだナウ
あ、それ数年後に、質屋行きだぜ?w

 

 

バブリー
み、未来の俺~っ!!!汗

 

 

しかも、20歳から60歳までの期間(40年間)をしっかり納付した満額の金額でこれです!

 

 

月額にすると、約65,000円

 

 

これでどうやって生活していけばいいのやら。。

 

スポンサーリンク



 

先ほど話した通り、この金額に、会社員として厚生年金保険に入っていた期間があるのであれば、報酬に応じて算出される年金額が加算されることになります。

 

 

社畜時代
やっぱ、リーマンだろっ!!

 

 

いなだナウ
その代わり、お前は日々の“生気”を失ってるがな。

 

 

まぁ、いずれにしてもそんなもらえるわけではないので、モチベ下がりますよね。こうやって額面だけを見ると、年金だけで老後を凌げるはずもなく、確かに老齢年金を目当てに頑張るのはちょっとバカバカしいかもしれませんね、これは否めないっす。

 

 

少なくともゼロではない分、お小遣い程度もらえるかなってニュアンスですかね。

 

 

但し、今回のポイントである、障害や死亡時にも給付が出るという点では、65歳になる前に何かあった場合、要するに働けない状態になっても国民年金から給付がもらえるのは助かりますよね。

スポンサーリンク

 

 

ちなみに、障害や死亡においても、給付金額は、基本的には779,300円(年額)です。

 

 

厳密に言うと、重い等級の障害でれば、1.25倍の支給だったり、子供がいれば子の数だけ加算もされます。死亡した時にも子供の数に応じて遺族基礎年金に加算がされたりもします。

 

 

う~ん、やっぱなんだかんだいって悪くない。

 

 

但し、いくら障害・死亡だといっても、保険料を一切払っていない場合などは・・・・・そりゃ出ないでしょ?

 

 

次に、障害及び死亡に関する給付の要件を確認します。

 

滞納するリスク

 

いなだナウ
おまえ京都の下宿先で滞納してんだろっ!w

 

 

スクールオブ俺
忍び足で自宅に帰る毎日っすww

 

 

いなだナウ
お前みたいなやつでも最低限度そこそこ保険料払えば何とかなるよ?

 

 

当然ながらある程度は普段から保険料を払っていないと給付が下りない、これが大原則ですよ。

 

 

では、障害と死亡、それぞれの支給要件を見ていきましょう。着眼点としては、「給付がもらえるボーダーを見極める」です。

 

 

障害基礎年金の支給要件

以下、該当の条文です。

 

第三十条 障害基礎年金は、疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病(以下「傷病」という。)について初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日(以下「初診日」という。)において次の各号のいずれかに該当した者が、当該初診日から起算して一年六月を経過した日(その期間内にその傷病が治つた場合においては、その治つた日(その症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至つた日を含む。)とし、以下「障害認定日」という。)において、その傷病により次項に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態にあるときに、その者に支給する。ただし、当該傷病に係る初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が当該被保険者期間の三分の二に満たないときは、この限りでない。

一 被保険者であること。
二 被保険者であつた者であつて、日本国内に住所を有し、かつ、六十歳以上六十五歳未満であること。

 

 

すげー端的に言うと、

 

障害につながった病気とか怪我の初診日の段階で、ちゃんと保険料を納付している or 免除申請して免除されている。これらの期間が被保険者としての全ての期間中、2/3あればもらえる。

 

また、初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がなければもらえる、といった規程もあります。

 

 

つまり、ある程度納付していればOKってこと。

 

そして、気になるのが、「保険料免除」

 

 

現在の国民年金の保険料は月額で月額16,340円(H30年度)です。これを毎月払うのもキツイ人ってザラにいると思います。

 

 

そりゃ、払えない場合は払えません。そんなときに、保険料免除です。

 

要するに、ブッちしなければ、免除期間として計算されるので、ちゃんと障害や死亡に関しての給付も得られるということです。

 

 

いなだナウ
な?今すぐバイトや家賃支払いをブッちするのを辞めろww

 

 

スクールオブ俺
親が何とかしてくれるっしょ!?

 

 

いなだナウ
もう、結構な年になったぞ・・・おやじとオカン。

 

 

遺族基礎年金の支給要件

 

次に、遺族基礎年金について。

 

第三十七条 遺族基礎年金は、被保険者又は被保険者であつた者が次の各号のいずれかに該当する場合に、その者の配偶者又は子に支給する。ただし、第一号又は第二号に該当する場合にあつては、死亡した者につき、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が当該被保険者期間の三分の二に満たないときは、この限りでない。

一 被保険者が、死亡したとき。
二 被保険者であつた者であつて、日本国内に住所を有し、かつ、六十歳以上六十五歳未満であるものが、死亡したとき。
三 老齢基礎年金の受給権者(保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が二十五年以上である者に限る。)が、死亡したとき。
四 保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が二十五年以上である者が、死亡したとき。

 

 

遺族基礎年金も基本は障害と同じような支給要件です。基準となるのが初診日か死亡日かの違いであって、ざっくり言えば同様にちゃんとそこそこ保険料を納付していれば給付が得られます。

 

 

障害とか死亡時って、正直自分ではどうにもこうにもコントロールできないケースだと思います。ですので、家族がいる場合あるいは、結婚しようと思ってる場合は、そこそこ払っておいた方がいいですよ。

 

 

保険料、払えない場合

 

 

さて、この月額16,340円(H30年度)が払えねーよバカっ!こらっ!って方に朗報です。

 

 

国民年金の被保険者(第1号被保険者)って結構な比率で無職とか中高齢者だったりします。そのため、普通に未納・滞納は社会問題です。

 

 

でも払えないのに払えっ!ってのはあまりに不条理ですよ。

 

 

そんなときは、免除。

払えぬなら免除してまえ!

 

こちらは僕のnoteで掲載されますので、その他の社会保険ネタと併せて確認くださーい。

 

 

どうですか?この辺のことを知っておくと、「やっぱりしばらく会社員続けよー」とか、「最低限の保障があるから会社辞めて自由に生きよう~」とかいろいろ考えられると思います。

 

 

社畜時代
俺はやっぱ会社員でいるべきだと思うな・・・

 

 

いなだナウ
これはあくまで選択肢の把握だよ。だから色々な面から考えてみたら?

 

 

知っていて辞めるのと知らないで辞めるとでは、持っている地図の大きさが全然異なってくると思いますので、ぜひぜひ参考にしてみてください。

 

 

勿論、2階部分の厚生年金を期待しないで、フリーランスとして活動して、がっつり老後の私的年金や資産を年金外で育てるのもありだと思いますよ!

 

制度を知った上で自分に合ったプランを考えてみるといいかもしれませんね。

 

参考

・・・とはいっても、やっぱ年金なんて将来もらえるか分からんっ!!!

 

スクールオブ俺
どこまで信用できねーんだよっ!!ww

 

そう思ってモヤモヤしている方がいれば、実際にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したり、保険関連の情報を纏めているサイト等で調べてみるのもおすすめですよ!

 

全国対応!【保険コネクト】

 

現在の年金を取り巻く状況や、将来年金がもらえないかもしれないリスクや対策を知るのに役立つ内容になってますよー

 

分かり易いサイトは、コチラ ↓

「保険ROOM」

 

結局、年金もその名の通り、保険なんですよねー。なので、やっぱりまずは知ることが大切。

 

こういったサイトを活用しながら、その他の私的年金・保険などと併せて将来設計をしてみてはいかがでしょうか??

 

社畜時代
おまえ、そんなにお節介だったんだな。。

 

スポンサーリンク



 

それでは、また!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る