音楽を聴きながら走る ~Amazon music 篇~

音楽を聴きながら走る ~Amazon music 篇~

 

どうもこんにちわ、結局、まじめなブロガーのINAZOOです~。

 

 

僕、結婚してからすげー太りました。

 

 

 

幸せ太りってやつです。すみません、のっけからノロケです。

 

 

奥さんの飯が美味すぎて、次第に上達していく料理スキルに感動し過ぎて、一緒に行く外食が楽しすぎて・・・などなど、結婚って太る要素満載です。それを俗に幸せ太りって言うわけです。

 

 

但し、幸せだからっつって、徐々に太ってきたら、もはや詐欺じゃないですか?奥さんからしたら、結婚後に気づいたら太ってた・・・ってなんか詐欺じゃないですか!!嫁に申し訳ないので、痩せることにしました。

 

 

20番
留置所の2週間で4kg減ったはず・・・

 

 

いなだナウ
すまん、20番。リバッたわ!

 

 

そこで、前々からランニングを趣味(これメンタル壊した人とか、社畜あるあるだと思います)にしていたのですが、この頻度や目的意識をもっと上げていき、ナチュラルに痩せようと考えました。

 

 

走ってる人なら分かると思いますが、ランニングに音楽って必須ですよね、そこでふと思いました。

 

 

僕の「走り・モチベ」の両面からパフォーマンスを最も上げてくれる音楽配信サービスって何や!!?

 

 

いや、お前の力量次第だろって思っても見逃してください。

 

 

スクールオブ俺
そんなもんなくても、結構走れるだろ!?

 

 

いなだナウ
うっせーぞ、お前もたいして走れないだろ!知ってんだぞ、こっちは。

 

 

スクールオブ俺
うっす!!

 

 

ということでっ! これから、現在世に出ているメジャーな音楽配信サービス(無料版 ※一部有償)を活用して検証していきます(ウルトラ主観です)。

 

 

栄えある一回目は、「Amazon music」

 

 

のっけから有償ですみません。

 

 

僕はAmazon prime会員なので、速攻で使えるというメリットから最初はこちらを使います。

 

Advertisement

Amaozn musicって?

 

なんか、顔みてー。

 

通販界の巨人、Amazon.comが運営するネット音楽ストアやストリーミングのプラットフォーム。Amazonのプライム会員なら使用できるサービスです。プライム会員は月額400円(税込)で加入できて、ショッピング時に配送料が無料、プライムビデオで映画とかドラマ見放題などなど、諸々の特典が付くサービスです。この諸々の中に、Amazon musicが入っているという感じです。

 

また、プライム会員の場合は全100万曲、もっと聴きたいわっ!!って人には、unlimitedというプランにアップグレードができ、まさかの4,000万曲を聴くことができるようになります。まさにunlimited。詳細はコチラ

 

また、携帯だけでなく、PCやタブレット、Amazon Echoなんかでも楽しめちゃいます。ちなみに我が家ではEchoでも活用してますが、これ、Echoで使うと最高ですよ!!未来感が半端ないっす!そんなんできるんやったら言うといてや〜Amazon。

 

今回僕は、unlimitedではなく、プライム会員で利用できる範囲で使用しました。※ランニングのパフォーマンスが他のサービスよりも良かったらピリオドの向こうこと、unlimitedにしようと思ってます。

 

再生リストの選択

 

さて、早速走りにいったろうかと思いますが、今回のランニングのおトモ、プレイリストを選択します。

 

僕はランニングをする際に、朝4時に起きて走ってます。

 

クズにも関わらず朝活とかしてすみません。ただ、沖縄は日中暑過ぎて生死に関わりますし、夜はゴキブリが出過ぎですし・・・一番気持ちよく走れそうな時間が早朝ということで苦しくも意識高い系みたいになっちゃってます。

 

クズでも起きれるんだぜ? 4時に。(3回に1回は目覚まし止めて2度寝します)

 

ということで、「早朝・未だ暗い・眠い」という状況を踏まえてこのプレイリストをチョイスしました。

 

 

 

右上のジャケットがはるな愛に見えるわ。

 

 

 

すみません、「早朝・未だ暗い・眠い」に全然関係がないもの選びました。

 

 

 

収録曲はコチラ ↓  ※2018年7月時点

 

パソコン版のAmazon musicのプレイリスト画面をひたすらキャプチャするという横着ぶりなので、見にくい場合は猛烈にすみません。

 

 

スクールオブ俺
おぉっ、これはアツい曲っすね!

 

 

バブリー
EDMないの?

 

 

 

社畜時代
社畜には染みる名曲揃いですね〜

 

 

いなだナウ
田園とかはまさに社畜ソングだわな。

 

 

 

スクールオブ俺
中学の時に楽園ベイべー流行ったわww

 

 

いなだナウ
イメトレだけでオナってたもんな!

 

 

スクールオブ俺
べ、べ、ベイべーっ!!!

 

 

ふぅ・・・・

 

ってことで全部で99曲あります。

 

勿論、運動神経×な僕が頑張って走っても、1回のランでお目にかかれる、否!! お耳にかかれるのは、

 

せいぜい15曲くらいかと思います。(もっとお耳にかかったらすみません。)

 

しかも、結構興味ない曲はスキップする派なので、飛ばしてせいぜい25曲くらいかなぁと踏んています。

 

さて、いってきます。

結果

 

走ってきた結果、こんな感じでした。

 

 

「遅い」というコメントは受け付けません。

 

 

最初の1kmでイキッたのが一目瞭然。

 

8kmを1時間10分という見事な鈍足を発揮しましたが、まぁとりあえず走れたという感じです。

 

とりあえず、音楽というより自分の根性やスタミナのなさ、この辺がボトルネックです。

 

でも、今回は全部音楽配信サービスのせいにしちゃいましょう。

 

 

バブリー
すげー他力っww クズやん。

 

 

いなだナウ
お前もな。人ってそんな変われないんよ。

 

 

それでは、1km地点から8km地点くらいまでの状況を曲と合わせて振り返ります。

 

 

1km地点

「よっしゃ、Amazon musicと共に爆走だぜぇーっ!!」って感じでスタートしました。

 

今年31歳のRookies世代の僕としては、1曲目から「キセキ」はかなりモチベの背中を押してもらえました。

 

 

もう気分は御子柴君ですよ、

 

 

「今日は野球部の皆、ちゃんと練習くるかなぁ~?」

 

 

「安仁屋は今日こそ野球部に戻ってくるかなぁ・・・」

 

 

「目黒川ってこえーよな。」

 

 

そんな思いが僕を駆け巡りました。

 

 

さて、軽快に早朝4時の暗闇を走り出し、心臓が心地よいリズムを打っていき、僕は順調に歩を進めていきました。

 

次第に身体がランニングモードに完全に馴染んできた頃に、「ワタリドリ」が流れ始め、完全にイキりだします!

 

 

だって、そりゃノリますよね? ワタリドリですよ?

 

 

ドゥードゥードゥルドゥードゥドゥル~♪ ドゥードゥードゥルドゥードゥドゥル~♪ってとこがブチアゲでした。

 

 

って活字だと伝わらないっすね。

 

 

2km地点

 

この辺から少し、落ち着き始めて、心臓も安定したリズムでビートを刻み、自然と腕が振れるし、足もスムーズに動く好調な感覚でした。

 

冒頭プレイリストの画像ではるな愛に見えたのは、AIだったことに気づきつつ、「Story」を聴いて、一人じゃ~な~いからぁ♪って感じで走っていきます。

 

2km付近で印象的だったのは、エレファントカシマシの「今宵の月のように」がエモーショナルでした。

 

かなり昔の曲ですが、曲独特の哀愁とボーカルの宮本さんの声が、何でもない読谷の道をセピア色に変えてくれていて(実際は真っ暗でした)

 

「海の声」はなんかランニング向けではなかったので即スキップしました。ごめん、浦ちゃん。

 

ここらで「打上花火」が聴こえてきたときには、曲調と季節(夏)が相まって、透き通った真夏の早朝の道路をドラマティックに演出してくれていました。

 

やっぱり音楽ってすごいですね。夏の沖縄、早朝を汗かき走る中太りのアラサーの汗を高校球児さながらの透き通ったものに変えてくれます。

 

 

3km地点

 

この辺までは結構軽快な走りでした。

 

僕のランニングコースには、沖縄ならではの海沿いスポットがあり、真っ暗で景色こそよく見えませんが、イイ感じに潮の香りを運んでくれています。

 

 

この辺で「恋するフォーチュンクッキー」が流れてきたときは、思わず肩を揺らしました。

 

 

バブリー
これ一時期クラブでも流れてたわな〜

 

 

しかし、早朝のアラサー、誰かとすれ違った際にイヤホンから恋するフォーチュンクッキーがうっすら聞こえてきたっら通報されるかもしれないので、少しボリュームを下げたことは言うまでもありません。

 

 

3km付近では、ランニングリズムも好調だったため、ゆっくりなテンポの曲はガンガンスキップしてましたね。

 

 

中でも印象的だったのは、TEE「ベイビー・アイラブユー」。

 

 

そういえば、僕はずっと、TEEを“テー”と呼んでいました。まぁそういうことはどうでも良くて、TEEの乾いたハスキーボイスが妙に心地よかったです。

 

 

社畜時代
ここらでtea(お茶)でも飲みたくなりますねw

 

 

いなだナウ
うっせーぞ、社畜!!

 

4km地点

 

この辺からグングンスピードダウンしてきます!!!

 

 

というより、すみません、がっつり歩きましたww

 

 

そんな情けない自分や最初に調子こいて飛ばしちゃった自分を振り返ると、まさに

 

 

「Kotoba ni Dekinai」って感じでした。ありがとう、小田さん。

 

 

途中で「夢をあきらめないで」が流れてきたときは、夢どころか直近のたった8kmのランニングを完走することをあきらめてしまった自分を悔やみました。

 

 

5km地点

 

あ~、もう今日走れないな。そんなこと思って歩いてました。

 

 

耳元で流れてくる、「A  Perfect  Sky」を聴いて、懐かしさとともに、BONNIE PINKって今何してんのかなぁ~って心配になっちゃいました。

 

 

基本息が上がっている僕の耳に届いた救世主的なBGMは、レベッカの「フレンズ」でした。

 

 

世代的には全く圏外なんですが、なんか曲を聴きながら走っていると、“なんとかしないと”感が出てきて、僕を再び走り出させました。

 

大切な友達が僕を待ってる感、そう、それは走れメロスのような感覚・・・それを想起させるレベッカのフレンズ。おーフレンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ、また歩き出しました。

 

はい、いよいよ音楽どころではなくなってきましたね、早く帰りてー。って。

 

6km ~ 8km地点

 

この辺はもう、家路を急いでいるアラサーが夜明け前に早歩き、って感じでした。

 

印象的だったナンバーは「ダンシング・ヒーロー」踊れるのか、俺。踊れるのか!?

 

みたいなこと考えながら歩いてました。

 

途中ゴールが近づいてきたら少し走ったりしましたが、基本的には歩く、という感じで、

 

家の近くに差し掛かった時に、「私がオバさんになっても」が流れてきたときには、もう俺も若くはないなと・・・・感じました。

 

Advertisement

まとめ

 

とりあえず自分の力量のなさを華麗に棚に上げて、Amazon musicを聴きながらのランニングをまとめます。

 

 

選択したプレイリスト「2018年 上半期邦楽ランキング」は、2018年といいつつも、かなり懐メロよりだった気がしました。

※これって、端末とかに入ってる曲(itunes)とかの傾向を反映させてるんですかね??;;

 

 

1987年生まれの僕にとってはなかなか考えさせられるプレイリストでしたが、音楽配信サービス特有の、新しい音楽との出会いや気づきはあまり見られませんでした。

 

 

この辺も、アップグレードしたunlimitedになれば変わってくるのかなぁ・・・と思いつつもレコメンド力では少し物足りさを感じましたね。

 

 

ってことで、Amazon musicのせいで今日はいい記録が出なかったなぁ。。。。

 

 

20番
途中で歩いてしまう性格がアラートだぞ。

 

 

いなだナウ
やっぱ根性みたいなもんは欠落してる。

 

 

次回別のサービスでランニングして報告します!!!

 

 

それではまたお会いしましょう〜